2019年04月30日

大阪&京都

こんにちは!
看護師の千葉です。


最近好きなアーティストのライブで色んな場所へ遠征しているのですが、先日は大阪に行ってきました!

今回は2泊3日で少し時間が取れたので大阪と京都の観光もできました


大阪ではその好きなアーティストが行ったというお店を巡りました。
聖地巡礼です

DSC_0432.JPG

DSC_0427-8b297.JPG

「だいげん」というたこ焼き屋さんです
大阪と言えばやっぱりたこ焼きですよね!!
私はネギソースのを食べたのですが、たっぷりのネギとたこ焼きの相性が抜群でとっても美味しかったです。
サインも飾られていてテンション上がりました
ずっと行きたかったので行けて良かったです♪




お次はこちら

DSC_0439-0a9d3.JPG

IMG_6bx0y2.jpg
cafe202というタピオカ屋さんです。
とってもおしゃれで可愛い雰囲気のお店でした
恐らくこのタピオカ屋さんは大阪のここにしかないようです。
タピオカができたてのような感じで少し温かく美味しかったです!




京都では伏見稲荷大社へ行きました。
_20190430_213559.JPG

ものすごい数の鳥居に驚きました
「千本鳥居」と言われていますが、千本の鳥居という意味ではなく、数え切れないほどの鳥居という意味だそうです。実際は千本以上あるようです。
DSC_0388.JPG
DSC_0389.JPG

頂上までは果てしなく長い道のりでとても大変でしたが、なんとか登りきることができました.....(^^;)

くたくたで本当に疲れきっていたのですがそんなときに猫と遭遇し癒されました

DSC_0390.JPG




あっという間の3日間でしたが、ライブだけでなく観光もできて良かったです
まだまだ行けなかった観光地がたくさんあるので、また行きたいなと思いました。





ランキングに参加しています↓


人気ブログランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村











posted by ベルスタッフ at 22:57| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

老若男女訪れるカフェ♪

こんにちは😃トリマーの松田です✂️
最近新しい事にチャレンジしてワクワクが止まりません😊春は何かと気持ちも前向きになりますね❣️


さて、先日のお休みは気になっていた場所へ行ってきました🚗

F3E971DF-F2A1-425A-8732-AE1C25C2C347.jpeg
ピーナッツダイナー

D296D363-BD53-4F4F-877B-BF2766355360.jpeg


入り口から可愛い仕様☺️☺️☺️

A6D110F5-479E-4213-97AC-E1DCFA0D14E3.jpeg
写ってないですがおしぼりももちろんスヌーピー❣️


28E4A9D7-27AD-4E51-B689-408AB259BD0A.jpeg

メインもデザートもスヌーピーと仲間たちを意識したもので溢れていました❣️


50EE2EAF-CDA1-4F6B-B775-3476872145D4.jpeg

店内は、お土産はもちろん撮影スペースや非売品のインテリアで埋め尽くされております🎶


お一人様でも家族でも十分楽しめました✨✨✨


スヌーピー大好き松田には夢のようでした😍皆さんも是非行ってみてくださいね❣️



posted by ベルスタッフ at 19:31| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

心臓の絵を描く。

みなさん、こんにちは!
春になると例年ぎっくり腰を発症する傾向があるため、腰に優しい生活を送る獣医師立川です。

私は一般臨床医として動物の病気全般を診察しているのですが、
循環器、いわゆる心臓や血管の病気の専門診療もしています。

循環器の病気は犬の場合は心臓の各部屋を区切って血流の逆流を防いでいる弁の病気が、
猫の場合は心臓の筋肉の病気が多く、診察では各検査を行った後その子の病気の状態を説明します。

そんな時、普段聞きなれない各部位の名前や血液の流れについては口で説明しても分かりづらいので絵で説明しています!


そこで各製薬メーカーや出版社なども説明に使うためのツールとして心臓の模式図を出してくれていますが
自分の思ったものとはちょっとずつ違ったりするので自分で書いてみました。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の心臓の模式図です。


まずは正常な心臓の各名称付きのものです。

各部の名称.jpg

さらに血液の流れを加えたもの。

MR説明用血液の流れ.jpg

僧帽弁閉鎖不全症では左心房と左心室の間にある血液の逆流防止装置である僧帽弁がうまく働かなくなり、
通常であれば一定方向にしか流れない心臓内の血流に逆流が生じ様々な症状をきたします。

まず、左心室と左心房を区切る僧帽弁が変性していきます。
(左が正常、右が変化が始まった心臓です)

MR説明用 B1.jpg

この段階では症状はまだ出ていません。

少しずつ僧帽弁は機能しなくなり逆流が増加、心臓は大きく拡張し状態は悪化していきます。(右は正常、左は末期の状態を表しています)
MR説明用D.jpg

図のように逆流が多くなり心臓が大きく拡大すると種々の症状が出てきます。

MR説明用症状.jpg

診療ではその子の病気の状態が現在どの程度なのかということ表なども使って説明しています。

MR説明用Stage表.jpg


この図もまだ直したいところが多々あり、少しずつアップデートしていきたいと思っています。
心臓の病気は複雑な病態が多いので、この図を使ってより分かりやすい説明を心がけたいと思います。
posted by ベルスタッフ at 19:16| 診療日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする