2019年09月01日

キャットリボン運動。

こんにちは、夏休みの子供たちと魚釣りに行って変な日焼けの仕方をして困っている立川です。

日焼け止めは塗ったのですが...、夏の日差しは強かったようです。
IMG_1821.jpg

みなさん、キャットリボン運動というのはご存知ですか?

ねこを守ろう。

【設立背景】
近年、日本では猫の飼育頭数が2017年に犬を上回るなど、猫との暮らしを楽しむ飼い主が増加しており、飼育環境も改善されていることから、猫の平均寿命も伸び、高齢猫も増えているといわれています。また動物病院においては、人医療と同様に、猫のがんを診療する機会も増えてきました。中でも猫の乳がんの割合が多く、悪性率も高いことがわかっています。(猫の乳がんの8割以上が悪性腫瘍といわれています。)
そこでこの度、「乳がんで苦しむ猫はもっと減らせるはず!」という熱い思いを持った獣医師が集まり、人とは異なる猫の乳がんに対する正しい知識(予防、早期発見、早期治療)を普及させ“乳がんで苦しむ猫を0 (ゼロ)にする”ことを目的とした「キャットリボン運動」を立ち上げることにいたしました。

【運営団体】
一般社団法人日本獣医がん臨床研究グループ(JVCOG)
 代表理事:公財)日本小動物医療センター附属日本小動物がんセンター センター長 獣医師 小林哲也

【活動内容について】
●猫の乳がんの知識の普及について
猫の腫瘍の中でも乳腺腫瘍が占める割合は多く、乳腺腫瘍の約8割が悪性(乳がん)であることが知られています。また治療時の腫瘍の大きさや手術法により、その後の生存期間が大きく異なることも複数の研究で示唆されています。一方、一般の飼い主には猫に乳がんがあること自体、あまり知られていません。
2019年9月1日にキャットリボン運動公式ホームページ(www.catribbon.jp)をリリースし、猫の乳がんについての基礎知識や早期発見の方法などを紹介していきます。
また人の乳がん啓発のピンクリボン運動にちなんだ【キャットリボンピンバッチ】を作成し、獣医師と飼い主を問わず猫の乳がんに関する情報を発信していきます。


(以上、キャットリボン運動HP http://catribbon.jp より引用)

『猫の乳がん』で苦しむ患者さんやご家族のため、またこれから苦しむ子が少なくなるように設立されました!
ホームページには『猫の乳がん』についてさらに詳しい情報やセルフチェックの仕方などが書かれています。

当院でも猫の乳腺腫瘍は診察する機会も多く、手術後の病理組織検査では報告と同様に悪性(いわゆる猫の乳がん)と結果が出ることが多いです。また、お家の方が気づいた時にはだいぶ進行した状態であることも珍しくありません。

猫の乳腺腫瘍はホルモンとの関連が指摘されており、早期の不妊手術でその発生を減らすことができると言われています。
不妊手術を受けた年齢が高い場合や正確な年齢や発情の状況がわからない状態で保護された子ではよりリスクが高いことになり、ご家族による気づき大事になります。
また、不妊手術による乳がんの予防効果を知っていればお家に猫さんを迎える際にも不妊手術のタイミングをあらかじめ検討しておくこともできると思います。

『キャットリボン活動』の活動主旨にもあるようにまずお家の方に『猫の乳がん』ついて知っていただくことが重要です。
みなさんもこれを機会におうちの子のチェックをお願いします!

また、わからないことがあれば病院スタッフにご相談ください。

posted by ベルスタッフ at 12:45| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする