2019年09月15日

神戸どうぶつ王国

こんにちは、獣医師の渡邉です。

先日の休日に神戸どうぶつ王国に遊びいってきたので少し紹介します。

園内はこんな雰囲気です。

IMG_4735.jpg

まず着いてそうそう、ドックショーを見ました。

ニュージーランドの羊飼いによるシープドックパフォーマンスは圧巻でした。

IMG_4704.jpg

IMG_4725.jpg

IMG_4724.jpg

この犬種はニュージーランドハンタフェイと言うそうです。

犬笛の音色を聞き分け、常にワンワン吠え続けて羊を誘導するとのこと!

それに対して、

IMG_4713.jpg

IMG_4716.jpg

こちらは日本でもよく見かけるボーダーコリー。

この子は全く吠えず、目力のみで羊を誘導するようです。

このように羊の誘導方法にも色々あるんですね〜

次はフリスビードックパフォーマンスショーです。

IMG_4727.jpg

音楽にあわせて股をくぐったり、跳んだり、フリスビーをキャッチしたり。。。

IMG_4729.jpg

一生懸命な姿に声援を送ってしまいます。

フィニッシュもしっかり決まりこんな感じ☆

IMG_4732.jpg

ショーで楽しんだ後は小腹が減ったので、

IMG_4738.jpg

こちらはビントドック!

この園にいるビントロングの長いしっぽを再現したそうです。

なが〜いパンにくろ〜いカレーがかかってます。

ビントロングはこんな動物です。

IMG_4755.jpg

森林に住むジャコウネコ科の動物のようです。

夜行性なので昼間はこのように木の上で休んでるみたいですね〜

のどを潤してくれるのはこちら

IMG_4739.jpg

ハシビロコウコーヒーです。

この園にきた目的はハシビロコウを見たくて寄りました!

それではハシビロコウをお披露目します。

IMG_4749.jpg

IMG_4753.jpg

動かない鳥で有名ですね!

この日は結構活発に動いて、さらに水浴びをしていました。

イメージと少し違いましたがw

話題がかわりますが、

神戸どうぶつ王国で一番驚いたのはケア(ミヤマオウム)という鳥でした!

IMG_4756.jpg

見た目は地味ですが、世界一賢いオウムと言われているようです。

IMG_4758.jpg

写真のように、木箱にフルーツを入れて留め具をかけ、

飼育員さんが力強く紐を思うままにギュウギュウ結びます。

するとケアがクチバシと脚、自分の体重を上手く使い紐をほどくんです!

IMG_4760.jpg

IMG_4762.jpg

留め具も開けてフルーツを食べてました(・0・)

IMG_4763.jpg

驚きです★

さらに暇だと自分で結んで、またほどいてました。

なんて賢いんでしょう☆

その他、オオカミがいたり、バードショーをやっていたり、

IMG_4745.jpg

1日楽しめました〜

神戸へ行く機会があれば、寄ってみてください。


posted by ベルスタッフ at 19:01| 診療日情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

チャレンジ!

こんにちは😃トリマーの松田です✂️
台風が接近中でなんだかソワソワしますね😥




今回はチャレンジというタイトルにしましたが我が家では新しい家族を迎えました✨

昨年は愛犬のシュナウザー   リキを亡くしどん底でした。。。やれるべきことをやっても、命のリミットが分かって後悔しないように日々を過ごしても、こんなに辛い出来事はありませんね。

そんな中、日々を過ごしていく中で新しい子との出会いがありました😊😊😊


2E04B9A8-F39A-4CEE-90F4-201EFCB30987.jpeg
初めましてのはじめ君です🐶



エアデールテリアという中型犬です

トリミングはバリカンやハサミは使わずに、トリミングナイフという道具を使ってひたすら抜き抜きして形を仕上げていきます💡

特殊な技術なので私も新人😁
一からブリーダーさんの元でお勉強です❣️


1DBB94CA-F835-409F-A452-C7EE24D098C6.jpegC1CF8165-26CE-441A-9041-6ECC7D6872B9.jpeg

夜な夜なはじめ君には付き合ってもらいながら試行錯誤です😣

技術者である以上、新しいジャンルにチャレンジしていつも上を目指していたいものですね✨✨



ちなみに、はじめ君は人も犬も大好きなので見かけた際は是非声をかけてくださいね❣️

1DEFC1E7-E544-43B0-884A-C677859FE6E8.jpeg
56B82F33-5903-4708-8936-CD92EB66BF3B.jpeg
フリスビー特訓中です
これって投げる人間の方が難しくないですか?笑



こんな感じで新生活の始まりです❣️❣️❣️

posted by ベルスタッフ at 22:44| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

キャットリボン運動。

こんにちは、夏休みの子供たちと魚釣りに行って変な日焼けの仕方をして困っている立川です。

日焼け止めは塗ったのですが...、夏の日差しは強かったようです。
IMG_1821.jpg

みなさん、キャットリボン運動というのはご存知ですか?

ねこを守ろう。

【設立背景】
近年、日本では猫の飼育頭数が2017年に犬を上回るなど、猫との暮らしを楽しむ飼い主が増加しており、飼育環境も改善されていることから、猫の平均寿命も伸び、高齢猫も増えているといわれています。また動物病院においては、人医療と同様に、猫のがんを診療する機会も増えてきました。中でも猫の乳がんの割合が多く、悪性率も高いことがわかっています。(猫の乳がんの8割以上が悪性腫瘍といわれています。)
そこでこの度、「乳がんで苦しむ猫はもっと減らせるはず!」という熱い思いを持った獣医師が集まり、人とは異なる猫の乳がんに対する正しい知識(予防、早期発見、早期治療)を普及させ“乳がんで苦しむ猫を0 (ゼロ)にする”ことを目的とした「キャットリボン運動」を立ち上げることにいたしました。

【運営団体】
一般社団法人日本獣医がん臨床研究グループ(JVCOG)
 代表理事:公財)日本小動物医療センター附属日本小動物がんセンター センター長 獣医師 小林哲也

【活動内容について】
●猫の乳がんの知識の普及について
猫の腫瘍の中でも乳腺腫瘍が占める割合は多く、乳腺腫瘍の約8割が悪性(乳がん)であることが知られています。また治療時の腫瘍の大きさや手術法により、その後の生存期間が大きく異なることも複数の研究で示唆されています。一方、一般の飼い主には猫に乳がんがあること自体、あまり知られていません。
2019年9月1日にキャットリボン運動公式ホームページ(www.catribbon.jp)をリリースし、猫の乳がんについての基礎知識や早期発見の方法などを紹介していきます。
また人の乳がん啓発のピンクリボン運動にちなんだ【キャットリボンピンバッチ】を作成し、獣医師と飼い主を問わず猫の乳がんに関する情報を発信していきます。


(以上、キャットリボン運動HP http://catribbon.jp より引用)

『猫の乳がん』で苦しむ患者さんやご家族のため、またこれから苦しむ子が少なくなるように設立されました!
ホームページには『猫の乳がん』についてさらに詳しい情報やセルフチェックの仕方などが書かれています。

当院でも猫の乳腺腫瘍は診察する機会も多く、手術後の病理組織検査では報告と同様に悪性(いわゆる猫の乳がん)と結果が出ることが多いです。また、お家の方が気づいた時にはだいぶ進行した状態であることも珍しくありません。

猫の乳腺腫瘍はホルモンとの関連が指摘されており、早期の不妊手術でその発生を減らすことができると言われています。
不妊手術を受けた年齢が高い場合や正確な年齢や発情の状況がわからない状態で保護された子ではよりリスクが高いことになり、ご家族による気づき大事になります。
また、不妊手術による乳がんの予防効果を知っていればお家に猫さんを迎える際にも不妊手術のタイミングをあらかじめ検討しておくこともできると思います。

『キャットリボン活動』の活動主旨にもあるようにまずお家の方に『猫の乳がん』ついて知っていただくことが重要です。
みなさんもこれを機会におうちの子のチェックをお願いします!

また、わからないことがあれば病院スタッフにご相談ください。

posted by ベルスタッフ at 12:45| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする